トップページ > 学校案内> 校長挨拶 
 

校長挨拶

 水戸第二高等学校のホームページにアクセスしていただき,ありがとうございます。
 本校は,県内初の高等女学校として,明治33年(1900年)に水戸藩ゆかりの弘道館を仮校舎として開校し,明治36年に現在の地に移転しました。今年で創立118年目を迎えます。
 この間,3万9千余名が学窓を巣立ち,地域社会はもとより,国内外で活躍し,社会の発展に多大な貢献をしています。社会の変化とともに幾多の変革はありましたが,常に歴史と伝統を大切にし,品位と教養ある生徒の育成を目指しております。
 生徒たちは,日々勉強や部活動に一生懸命取り組み,楽しく充実した学校生活を送っています。国公立大学への合格者が100名を超えるなど進学実績をあげるとともに,勉強以外の活動でもその力を十分発揮しています。
 部活動においても多くの生徒が活発に活動しており,昨年度は,なぎなた部,弓道部,放送部が全国大会に,ソフトボール部が東日本大会に,陸上部,コーラス部,写真部,かるた部が関東大会に出場しました。また,全国総文祭には,コーラス部・文芸部・放送部・美術部・書道部・数理科学同好会が出場し,数理科学同好会が全国2位に相当する文化庁長官賞を受賞するなど,運動部・文化部とも素晴らしい活躍をしました。
 スーパーサイエンスハイスクールとして理数教育にも力を入れ,今年で第Ⅲ期13年目を迎えました。また,グローバルな社会で活躍する人材の育成を目指し,SSクラスでは2年生の夏に,希望者を対象に,アメリカでの海外セミナーを実施し,現地研究機関(大学)や現地高校との交流を行うなど国際性を高めております。さらに,1・2年生の希望者を対象に,オーストラリアにおいて,ホームステイを経験しながらの語学研修を実施しています。
 まさに文武両道の活気あふれる学校です。
 本年度も校訓「叡智 仁愛 創造」のもと,生徒一人一人の将来の夢の実現に向けて,生徒及び教職員が一丸となり精一杯努力する所存ですので,よろしくお願いいたします。 進学実績等については各ページに詳しく載せてありますので,ぜひご覧下さい。
 水戸二高の主役は960名の生徒です。
 皆さんのお越しをお待ちしています。
          平成30年4月  茨城県立水戸第二高等学校長 生駒 忠夫
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸第二高等学校